いい〇〇の日

2021/11/15
ロゴ

朝夕はかなり冷え込むようになり、秋季が一段と深まってまいりました。

日脚はめっきり短くなり、冬の足音が間近に感じられますね。

 

 

 

 

どうもこんにちは。

いまだにユニクロのエアリズムを着ています、中村です。

 

 

 

 

正直、寒くないと言えば嘘になります。

ですが、この時期からヒートテックや厚手の上着に手をかけてしまうと

冬本番に入ってからの肌を刺すような寒さに

耐えられないような気がしてしまうのです…

 

 

 

 

だから私は毎年

「ヒートテックや厚手のコートは12月から」

と決めております。

あまり意味がないことは数年前から薄々気付いておりますが

こればかりはもう気持ちの問題ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

唐突ですが、そろそろ紅葉の季節ですね。

鮮やかな赤や黄色に色づいた木々も綺麗ですが、

絨毯のように敷き詰められた落ち葉もまた良いですよね。

最近では日が落ちてからライトアップされているところもあるようです、

私はまだじかに見られていないので、非常に気になるところ…

 

 

 

 

そういえば皆さんは、

「なぜ葉の色が黄色や赤色に変わるのか」

を考えたことがありますか?

 

 

 

 

答えの鍵は“葉緑体”にあります。

中学生以上の生徒であれば

誰しもが一度は目にしたことのある単語でしょう。

理科の授業で出てきた、葉の細胞に含まれているあの楕円形のやつです。

 

 

 

 

この葉緑体の中には“葉緑素”が含まれています。

“葉”の“緑”の“素(もと)”と書いて葉緑素です。

つまり、葉っぱが緑色をしているのは

この葉緑素のおかげ、つまり葉緑体があるからなのです。

実は葉には他の色の成分も元々含まれているのですが、

葉緑体の強さに負けて隠れてしまっています。

 

 

 

 

さて、この葉緑体がどんな働きをしていたか覚えていますか?

そう、「日光を受けて光合成をする」でした。

この問題の次のキーワードは“日光”です。

 

 

 

 

冬が近づくと、それまでの季節と比べて日照時間が短くなります。

またそれと合わせて気温もどんどん下がっていきます。

すると、植物は効率よく光合成ができなくなってしまうのです。

(光合成には気温も大きく関係しています。)

 

 

 

 

 

そうなると、葉を維持するコストの方が

光合成によって得られる栄養よりも大きくなり、

植物の生存に不可欠だと思われた葉は、途端にお荷物へと変わります。

 

 

 

 

 

ここで最後のキーワードを押さえましょう。

“落葉樹”です。

読んで字の如く“葉を落とす樹”です。

そうです、いらなくなった葉は枝から切り離され

地面に落とされてしまいます。

 

 

 

 

 

 

…あれ?紅葉の話は???

 

色変わらずに落ちたけど????

と思った皆さん。大丈夫です、ちゃんとします。

 

 

 

 

 

この落葉樹、葉を落とす前に一つ作業をします。

それは「葉緑素を分解し、その栄養を幹に返す」というもの。

MOTTAINAIの精神ですね、絞れるだけ絞っとこう、と(笑)

こうして葉から資源を回収し、その資源は冬明け後のために貯蔵、

春に新しく葉をつけるためのエネルギーとして使われます。

 

 

 

 

 

さて、ここで序盤の話を思い出してください。

葉が緑色をしているのはなんででしたっけ?

 

 

 

 

 

そうです、「葉緑体があるから」でした。

ではその葉緑体が分解されてなくなると…?

 

 

 

 

黄色「ヤッホー^^」

 

 

 

 

 

というわけです(笑)

 

 

 

 

 

ちなみに赤くなるものは、

分解と同時に赤色の成分を生み出しています。

そのため、赤色の葉の代表例とされるカエデは

黒っぽい紫 の順に色を変えていきます。

途中で緑と赤が入り混じるためにこうなるんですね。

 

 

 

 

いずれにせよ、葉を枯らす前に

葉緑体を分解し幹に返すことから起こる現象です。

どうですか、面白くないですか…?(圧)

 

 

 

 

 

さあ、紅葉の話が思ったより長くなってしまったので、急いで締めます。

今月の第4日曜日が何の日かご存知でしょうか。

11月28日、そう、「いい庭の日」です。

そしてこの辺りの紅葉の見頃は11月下旬。

紅葉が見ごろになる時期に、いい庭の日…

 

 

 

 

皆さん、庭園っていいですよ。

 

 

 

 

 

はい、今回のブログで一番言いたかったことがやっと言えました(笑)

僕はもう満足です。

 

 

 

以上、最近またお庭ブームが再来して、

休みの日に一人で出かけては

お庭をふらついている中村がお送りしました。それでは。