年覚え

2019/12/10

2019年も残り僅かですね

 

今年最後になります、畑中です。

先週は結婚式の次の日、毎年恒例

雪山に行って参りました。2割雪山でした残念

 

息子がつかまり立ちを初め、家中をウロチョロするので目が離せません

 

できることが段々と増えてくるのは嬉しい限りです

 

逆に赤さんにできて大人になってできなくなることは何か考えてみました

 

思い立ったらすぐ行動→息子を観察

 

ここからは不適切と感じる方もいるかもしれません

あらかじめご了承ください

 

 

 

・・・・・・・・・・・・5分後

苦手な方は次の・・・・まで飛ばして下さい

 

直ぐ見つかりました

 

楽しく遊んでいるかと思っていたまさにその時

 

親の顔を見ながら踏ん張りはじめました

 

そう、うんちです

 

皆さん想像してみて下さい

 

自分の親を目の前に、服を着たまま・・・

 

できないですよね。

できる、もしくは最近した人報告待ってます

 

普通の感情であれば

嫌だ、無理

 

そんなとこでしょうか

 

ところが赤さんはそんな感情もなく

 

無我夢中で、目を合わせながらも踏ん張ります

 

羞恥心というのは2~3歳頃芽生えるそうです

 

この頃から客観的に、社会の中の自分を見る

ということができるようになるんだとか

 

つまり、人から直接教えてもらうだけでなく

 

自ら、自分が生きている社会をみて考えて学ぶ力が

人には備わっているということです

 

丸一塾の方針の通り

全て、人から直接的に教わってしまうと

自ら考える力が、育たなくなってしまうわけですね

 

という訳で息子が18歳になるまでは

 

人前でうんちをしてはダメ

だということを自ら考えられるようになるまで

 

教えずに行こうかなと思っています

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

長々と失礼しました

 

 

さて皆さんご存知かどうか分かりませんが

 

 

【ネタバレ注意】

 

 

来年は2020年になります

 

大分遠いと思っていたオリンピック開催ももう間近ですね

 

年忘れの時期ですので2019年軽く振り返ってみましょう

 

忘年とは、嫌なこと、苦労を忘れて新しい1年を迎え入れよう!

という意味です

 

・・・嫌なことはもう忘れました。そもそもあったかどうかも定かではありません

個人的にとても素晴らしい経験がたくさんあり

良い1年でした。

10年後、20年後もこの1年を覚えていられたらと思っています

 

来年はもっと良い1年になるように精進してまいります

 

クリスマス、大晦日、お正月を近づくと同時に

 

受験生にとってはいよいよ、といった感じですね

 

年忘れではありませんが、

1、2年生の時にもっとちゃんとやっておけば良かった

 

という後悔は今はやめましょう、忘れましょう

 

今できる最善の選択をしてください

 

まだ会う方もいるかと思いますが、締めです

 

来年も良い1年にしましょう

 

 

今年1年、多方面の方々にお世話になりました

 

ふとした時に読んで頂きありがとうございます。

 

 

今後ともよろしく御願い致します。

 

 

よいお年をお過ごし下さい