多忙の概念

2020/02/03

2月になりました。

 

 

 

大学受験組、高校受験組は「忙しい」期間ですね。

 

 

 

私の友人たちからも『いま仕事忙しいでしょ?』というお言葉をいただきます。

世間のイメージとしては「受験期=受験生忙しい=講師忙しい」という方程式が成り立っているのでしょう。

 

 

 

しかし、これは間違いです。

 

 

 

受験生「忙しい」、と講師「忙しい」、は同じではありません。

 

 

 

 

これは我々丸一塾の講師陣が仕事をさぼっている、ということではありません。

 

 

通常行われている授業以外ですと受験期においては塾生個々がもってくる、過去問などの質問対応がメインです。

 

 

ぶっちゃけこれだけです。

(他の業務いれたらもっとありますよ。受験生に対しての仕事ならば、ということです)

 

 

 

 

この時期にあれもわからない、これもわからないという受験生は受験にむいてないので今すぐに他の生き方を探しましょう。

 

 

もしくはあと1年、あと2年の人生の時間を使い、覚悟を持って再度受験にトライしてください。

 

 

 

 

 

受験というものは一夜漬けでどうこうなる話なのでしょうか?

1か月必要なのか?3か月必要なのか?1年?3年?はたまた10年?

 

 

 

そんなもの人それぞれとしか言いようがありません。

 

 

 

 

積み重ねてきた質と量、それがいかほどあるかによって決まるものです。

 

 

 

 

だからこの時期にやることが定まらず、わからないことだらけの人間には勉強がむいていない、ということになります。

 

 

 

 

草加市近辺に住んでいる大学受験生にとって、受験当日に朝早くから慣れない満員電車に乗って東京都内の試験会場に向かい、人生が決まる試験を受け、帰宅した後に別の試験に備えて勉強する。それが連日続くともなると「忙しい」ですね。

 

 

 

 

 

では「忙しくない」時期はどうなのか?

 

 

 

 

 

丸一塾に在塾している高校3年生に聞いてみたところ、

 

朝から16時頃まで学校

そのまま塾

22時半まで塾で授業や自習

帰宅後に多少の勉強をして就寝、とのことでした。

 

 

 

これは「忙しくない」みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では講師はどうでしょうか?

 

 

 

 

 

朝4時に起きて準備

5時に出発

3時間半、車を運転して長野にて友達と合流したのちに長野のスキー場へ

1日中滑り倒す

移動して温泉と食事

再び3時間半の運転をして帰宅

荷物の片付けと道具の整備

撮影した動画の編集

深夜2時半に就寝

 

 

 

とっても「忙しい」ですね!!!!!!!!!特に7時間、たったひとりで車を運転するあたりが拷問です。

 

 

 

 

このように「忙しい」は人それぞれなのです。

 

 

 

 

ですが、勉強における「忙しい」は存在しないのです。

 

 

 

 

「忙しい」なんてのは、ただの言い訳です。

 

 

 

 

勝ち取りたい未来は、言い訳することなく自分の手で掴みましょう。

 

 

やる気と覚悟はあるがどうすればわからない、という方はぜひ丸一塾へお越しください。