噂の1mm

2022/12/12
ロゴ

モドリッチ走り過ぎ。

チュアメニえぐち。

ロドリゴ&ヴィニシウス&ミリトン次、がんばろう。

バルベルデ、トーナメントで見たかった。

アセンシオ、カルバハルごめん。

リュディガー…

 

レアルファンには堪らないW杯も後わずか

寝不足続き過ぎているので、早く終わってほしい気持ちもうっすら…

日本は4年後も楽しみ、そんな大会でしたね。

サッカーの話し始めたら止まらないので

さっさと次行きます。

 

クリスマス、年末年始、受験とイベント盛りだくさんシーズンにやってきました。

息子がサンタを「てやんでい」の江戸っ子、三太ではなくサンタクロースだと認識

してしまったのでいよいよか….と動いております。

 

申し遅れました、畑中です。

 

ご存じの通りクリスマスはキリスト教の行事です。

なぜプレゼントを貰うことになったのか…

 

 

他人の誕生日に、自分もついでに貰うってそんなことあります???

 

 

キリストの誕生自体が人々への神様からのプレゼント、

とそういう考えが元になってるかと思います。

 

実家が教会、父親が牧師なので、

キリスト教については人より色々知っているかもしれません。

 

皆さんはクリスマスの起源や結婚式をやるところ、

という認識が強いかと思います。

 

今年もありがたいことに4回結婚式に呼んでいただいたのですが

 

教会で式を挙げられている方が多かったです。

 

そんなハッピーなイメージが少なくともある教会ですが、

 

勿論、葬儀も執り行われます。

 

先日、自分が幼少期からお世話になっていた方のお葬式がありました。

正確に言うと告別式でしたが…

 

突然、連絡が入ったかと思ったら不慮の事故で亡くなったと。

 

まだ若く、1番上は高校3年生の3人の母親でした。

 

ちょうど今丸一塾に通っている塾生の親御さん方と同世代かと思います。

 

当然ではあるものの、本当に突然の事だったので実感湧かず。

 

式が終わった今も、現実かどうかよく分からなくなります。

 

実家の教会は、所謂、結婚式場としてあるのでは無いので

お葬式と結婚式は半々か、むしろお葬式の方が多い印象です。

 

なので、知り合いが亡くなってしまう経験が少し多い方なのかもしれません。

 

残された遺族の方が「皆様は幸せにお過ごしください。」と言っていたことが

印象的でした。

 

結婚式でも似たような事は言われますが、「は」という助詞が使われているのは無論

 

言葉の重みが段違いでしたね…

 

突然の死は、家族に大ダメージを与える事を再認識しました。

 

そんな中でも、子供たちが背筋を伸ばして前をしっかり向いていて、

震える程の感銘を受けました。

 

何が起こるか分からない世の中、生きにくいと思うこともある世の中ですが、

 

思いもよらぬ出来事で志半ばに途絶えてしまった人たちのためにも

 

代わりにもう少し頑張るかあ、という気持ちと

 

取り残される事も、取り残してしまう事もありえるために

 

1mmでも可能性が残っている限り、自分がしたい事も含めて

 

できる事はなんでもやるつもりで、改めて1年間がんばろうと思います!

 

年の瀬に暗いお話、大変恐縮です。

 

 

今年もクソお世話になりました!!!!

 

2023年も宜しくお願いします!!!